特別養護老人ホーム旭水荘│岡山県岡山市│愛隣会│ショートステイ│

  • 隣人愛の精神のもと、ご利用者さまと共に豊かな人生を歩んでまいります。
 

コラム

 
フォーム
 
卓球大会
2018-06-07
5月23日と30日にレクリエーション委員会企画の職員お楽しみ会を開催しました。
今回のお楽しみ会は、前回好評だった卓球大会でした。2日間で予想を上回る30人もの職員の参加がありました。
ほとばしる汗、絶えない笑顔、消化されていくストレス。上司、部下、男性、女性の壁を越えて、スポーツを楽しむという共有空間がそこにはありました。
職員の絆も深まり、楽しい思い出と筋肉痛が残りました。
 
 
エレベーターが新しくなりました
2018-06-04
5月7日に着工したエレベーター更新工事が、本日無事に終了しました。
工事中は、ご利用者様、ご面会のご家族に多大な迷惑をおかけしました。
平成4年の2階増築時に設置以来26年間使用した油圧式のエレベーターが、機械室のない最新のロープ式エレベーターになりました。掲示版もアナログ式からデジタル式になり、安全性もより高まりました。
 
旭水荘は、6月26日で創立37周年を迎えます。平成27年度に大改修は行いましたが、設備はまだ古いものを使っているところもあります。今回のエレベーターのように、必要に応じて更新し、皆様に安心してご利用いただけるように努めて参ります。
 
 
新しい機械浴槽
2018-05-22
本日、10年以上使用してきた機械浴槽(昇降式)を新しい物に入れ替えました。
 
午前中の入浴を終えて、午後1時から工事開始、4時間程度で工事が完了しました。
旭水荘のご利用者様の平均介護度は、4.1度 1日約10名の方が機会浴槽を利用されています。
 
明日からは新しい浴槽で、安全に気持ちよく入浴していただきたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これぞ日本の心遣い
2018-05-04
今年のゴールデンウィークは、お天気が今ひとつのようです。昨日も夕方から雨が降りだしましたが、新聞を取り込む頃にはすっかり上がっていました。
こういった天気の日は、新聞がナイロン袋にシーラーできれいに封入されています。
最初に見たときに、日本の細やかな心遣いを感じて感動すらしました。
海外の映画とかでよく新聞を遠くから投げて配達しているシーンを見ますが、日本の新聞配達はどれほど親切丁寧なことでしょう。我が家には新聞は3時半頃配達されます。毎日、人が眠っている時間に働くこと自体が大変なことと想像し、感謝するところですが、それに加えて温かい心を添えて配達してくれていることに頭が下がります。
私たち介護福祉施設職員は、ゴールデンウィークもなんのそのですが、この新聞を届けてくれている人たちこそなんのそのです。ちょっと怨めしいゴールデンウィークですが、新聞屋さんを思って、どうぞ雨が降りませんようにと少しやさしい気持ちになれるのでした。
 
 
 
 
平成30年度旭水荘家族会総会
2018-04-14
4月恒例となりました旭水荘の家族会総会を開催し、ご家族会員様20名ほどご参加いただきました。
平成29年度事業報告・決算報告、平成30年度事業計画・予算について承認いただくとともに、平成30年度の役員が改選されました。2名の新役員が加わり、会長・副会長(2名)・委員(3名)・監事(2名)・書記(1名)・会計(1名)により新年度をスタートしました。
また、平成30年度は介護保険の改定があるため、総会にて内容説明を行い同意をいただきました。
 
会長より「平日に来てみると、みんなで声を出す練習をしていたので発声練習をしているのかと思っていたら、嚥下をよくするためにしていると聞きました。併せて指や足の曲げ伸ばしの運動をしたり、いろいろ考えてしてくれているのだなあと感心しました。私たちも家族会の会則に法り、入所者が『明るく』、『楽しい』、『生き甲斐のある』生活が送れるように、職員の方と連携を取りながら協力していきましょう。」と、有難く頼もしいご挨拶を頂戴しました。
今年度も奉仕作業、盆踊り、敬老会、餅つきなど家族会会員参加の行事を予定していますので、多くの会員様に来ていただけることを楽しみにしています。
 
 
 
 
気力は筋力から
2018-04-07
今年は、駆け足でやって来た春が行ったり来たりしているみたいで、暖かくなったと思えばまた寒さが戻ってきました。
しかし確かな春の息吹が山々を覆っていて、芽吹き始めた木々で霞がかった山の美しいこと。
いつもこの時期、出勤時に見える建部の山々の美しさに目を奪われます。
 
そんな景色とはうらはらに、心も体もなんとなく気だるく、不安定な春です。
気力でがんばろうとするけれど、どこか今ひとつな感じが否めません。
そう言えば、背筋を伸ばした正しい姿勢を長い時間続けることができなくなりました。あ、これは春とは関係ありませんね。
心と体の関係は正比例。気力をアップするには、まず筋力から!
しばらく怠っていたストレッチや腹筋運動を再開しました。
 
さあ、山々が新緑に萌えるのももうすぐです。
 
 
 
 
春の花壇
2018-03-19
こんにちは!
美化委員です。
暖かい日が増えてきて、だんだんと春が近づいてきました。
あちらこちらでピンクや黄色などの春らしい色の花を見かけます
旭水荘の花壇にも美化委員のメンバーでパンジーを植えました。
今はまだつぼみが多いですが、色とりどりの花を咲かせてくれるのが楽しみです。
 
余談ですが、美化委員のメンバー4人でまっすぐ植えたつもりのパンジーですが
次の日写真を撮ってみると、あまりまっすぐではない仕上がりに…
花がたくさん咲いて、利用者様、通行される方、職員が少しでも和んでいただけたら
うれしいです。
同時に大きく育って曲がっているのが目立たなくなるのもこっそりと願っています。
 
 
 
 
今日の鼻歌
2018-02-05
毎朝記憶の底から蘇らせて鼻歌を歌う私の今日の鼻歌を紹介します。
今朝、口をついて出たのは、「ひょっこりひょうたん島」の主題歌です。
「ひょっこりひょうたん島」は、1960年代にNHKで毎夕放送されていた人形劇です。
なんて古い!!と驚く人は、同じ時代を生きた人ですね(笑)
名前からしてユーモラスですが、歌詞からも元気が湧いてきます。
知らない人も知ってる人も、ちょっと歌詞を見てください。作詞が井上ひさし氏ということも驚きです。
 
      波をジャブジャブ ジャブジャブかきわけて(ジャブジャブジャブ)
      雲をスイスイ スイスイ追い抜いて(スイスイスイ)
      ひょうたん島はどこへ行く
      僕らを乗せてどこへ行く
 
      丸い地球の水平線に 
      何かがきっと待っている
      苦しいこともあるだろさ
      悲しいこともあるだろさ
      だけど僕らはくじけない
      泣くのはいやだ笑っちゃおう
      進め ひょっこりひょうたん島
      ひょっこりひょうたん島
      ひょっこりひょうたん島
 
 
今年は、介護報酬の改定があります。
老人福祉施設は、それぞれがまさにひょっこりひょうたん島。
この歌を口ずさみながら、進め!ひょっこりひょうたん島!!
 
 
 
 
 
鼻歌
2018-02-02
みなさんはどんな時に鼻歌が出ますか?
楽しいことが待っているとき、楽しいことがあったとき、全くフリーの休日の朝・・・いずれにしても鼻歌とは自然と出てくるもの。それは大抵気持ちがリラックスしているときです。
 
私は、毎朝のお風呂洗いのときに鼻歌が出ます。
最初はわざと鼻歌を歌おうと決めて、無理やり歌い始めてかれこれ一年。
毎日同じ動作をするときなど、考えまいとしても仕事のことや考えてもしょうがないことをついつい考えてしまい、知らぬ間に険しい顔をしているので、鼻歌を歌えばご機嫌な一日が始まるような気がして始めたのが癖になりました。
 
今では、自然と鼻歌が出るようになりました。
何も考えないでふっと出てきた曲目が、ひどくなつかしい歌だったりして、苦笑い。
 
今日も鼻歌で一日が始まります!
 
 
 
ヤクルト愛の車いす
2018-01-12
岡山県内のヤクルト販売株式会社様3社、ヤクルト販売店親交会様、ヤクルトビューティの会様によって「ヤクルト・チャリティーセール」が毎年末に行われ、その収益金で「愛の車いす」を福祉施設に寄贈していただいています。
 
第44回となる今年度、旭水荘にも車いすが1台ご寄付いただけました。
決定通知開封より先に車いすが届いたので、感激はひとしおでした。
特別養護老人ホームにとって車いすは必需品です。
ご利用者様の日々の移動に活躍すること間違いなしです。
 
さてさて今年もこの車いすでどこへお出かけしましょうか。
 
<<社会福祉法人愛隣会>> 〒709-3111 岡山県岡山市北区建部町福渡1005-1 TEL:086-722-2511 FAX:086-722-2512