特別養護老人ホーム旭水荘│岡山県岡山市│愛隣会│ショートステイ│

  • 隣人愛の精神のもと、ご利用者さまと共に豊かな人生を歩んでまいります。
 

コラム

 
フォーム
 
気力は筋力から
2018-04-07
今年は、駆け足でやって来た春が行ったり来たりしているみたいで、暖かくなったと思えばまた寒さが戻ってきました。
しかし確かな春の息吹が山々を覆っていて、芽吹き始めた木々で霞がかった山の美しいこと。
いつもこの時期、出勤時に見える建部の山々の美しさに目を奪われます。
 
そんな景色とはうらはらに、心も体もなんとなく気だるく、不安定な春です。
気力でがんばろうとするけれど、どこか今ひとつな感じが否めません。
そう言えば、背筋を伸ばした正しい姿勢を長い時間続けることができなくなりました。あ、これは春とは関係ありませんね。
心と体の関係は正比例。気力をアップするには、まず筋力から!
しばらく怠っていたストレッチや腹筋運動を再開しました。
 
さあ、山々が新緑に萌えるのももうすぐです。
 
 
 
 
春の花壇
2018-03-19
こんにちは!
美化委員です。
暖かい日が増えてきて、だんだんと春が近づいてきました。
あちらこちらでピンクや黄色などの春らしい色の花を見かけます
旭水荘の花壇にも美化委員のメンバーでパンジーを植えました。
今はまだつぼみが多いですが、色とりどりの花を咲かせてくれるのが楽しみです。
 
余談ですが、美化委員のメンバー4人でまっすぐ植えたつもりのパンジーですが
次の日写真を撮ってみると、あまりまっすぐではない仕上がりに…
花がたくさん咲いて、利用者様、通行される方、職員が少しでも和んでいただけたら
うれしいです。
同時に大きく育って曲がっているのが目立たなくなるのもこっそりと願っています。
 
 
 
 
今日の鼻歌
2018-02-05
毎朝記憶の底から蘇らせて鼻歌を歌う私の今日の鼻歌を紹介します。
今朝、口をついて出たのは、「ひょっこりひょうたん島」の主題歌です。
「ひょっこりひょうたん島」は、1960年代にNHKで毎夕放送されていた人形劇です。
なんて古い!!と驚く人は、同じ時代を生きた人ですね(笑)
名前からしてユーモラスですが、歌詞からも元気が湧いてきます。
知らない人も知ってる人も、ちょっと歌詞を見てください。作詞が井上ひさし氏ということも驚きです。
 
      波をジャブジャブ ジャブジャブかきわけて(ジャブジャブジャブ)
      雲をスイスイ スイスイ追い抜いて(スイスイスイ)
      ひょうたん島はどこへ行く
      僕らを乗せてどこへ行く
 
      丸い地球の水平線に 
      何かがきっと待っている
      苦しいこともあるだろさ
      悲しいこともあるだろさ
      だけど僕らはくじけない
      泣くのはいやだ笑っちゃおう
      進め ひょっこりひょうたん島
      ひょっこりひょうたん島
      ひょっこりひょうたん島
 
 
今年は、介護報酬の改定があります。
老人福祉施設は、それぞれがまさにひょっこりひょうたん島。
この歌を口ずさみながら、進め!ひょっこりひょうたん島!!
 
 
 
 
 
鼻歌
2018-02-02
みなさんはどんな時に鼻歌が出ますか?
楽しいことが待っているとき、楽しいことがあったとき、全くフリーの休日の朝・・・いずれにしても鼻歌とは自然と出てくるもの。それは大抵気持ちがリラックスしているときです。
 
私は、毎朝のお風呂洗いのときに鼻歌が出ます。
最初はわざと鼻歌を歌おうと決めて、無理やり歌い始めてかれこれ一年。
毎日同じ動作をするときなど、考えまいとしても仕事のことや考えてもしょうがないことをついつい考えてしまい、知らぬ間に険しい顔をしているので、鼻歌を歌えばご機嫌な一日が始まるような気がして始めたのが癖になりました。
 
今では、自然と鼻歌が出るようになりました。
何も考えないでふっと出てきた曲目が、ひどくなつかしい歌だったりして、苦笑い。
 
今日も鼻歌で一日が始まります!
 
 
 
ヤクルト愛の車いす
2018-01-12
岡山県内のヤクルト販売株式会社様3社、ヤクルト販売店親交会様、ヤクルトビューティの会様によって「ヤクルト・チャリティーセール」が毎年末に行われ、その収益金で「愛の車いす」を福祉施設に寄贈していただいています。
 
第44回となる今年度、旭水荘にも車いすが1台ご寄付いただけました。
決定通知開封より先に車いすが届いたので、感激はひとしおでした。
特別養護老人ホームにとって車いすは必需品です。
ご利用者様の日々の移動に活躍すること間違いなしです。
 
さてさて今年もこの車いすでどこへお出かけしましょうか。
 
 
新春祈願
2018-01-06
明けましておめでとうございます
 
今年は戌年
どんな年になるでしょう。
 
初詣で健康と平穏を祈願しました。
平穏では物足りないかもしれませんが、穏やかに日々が過ごせることがすなわち全てがうまくいっている証拠だから、  「平穏」という言葉がぴったりな気がするのです。
 
戌年の特徴も諸説ある中、「勤勉で努力家」というのを見つけました。
平穏な日々を送るためにも勤勉に励み、努力を続けていかねばと思います。
 
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
 
徳を積む
2017-12-29
母は、週に3回くらい、家から250mくらいのところにある地元の物産店に野菜を買いに行きます。つい先日、じゃがいも・人参・キャベツ・大根など買って重い袋を持って帰ろうとしたとき、方向の違う知り合いの人が、「カブで来たから家の前まで持って帰っといてあげるわ。」と言ってくださったそうです。「通り道なら甘えるけど、回り道になるからええわあ。」と遠慮すると、「何言よおるんで。こうやってしといたら、私がまた誰かにしてもらえるんじゃが。」と、家の玄関前に置いていってくれて、母は大変助かったようです。
 
この話を聞いたとき、「徳を積む」という言葉が浮かびました。
このような気持ちで過ごし実践することで、誰かが喜び、自分も温かい気持ちになります。
年末の慌しい中で、ちょっと心を振り返らされました。
 
今年もコラムを読んでいただいてありがとうございます。
このコラムで徳は積めないものでしょうか・・・あ、そういうところが駄目ですね。
心を改め新年を迎えたいと思います。
 
 
 
 
 
 
「よっ!」
2017-12-27
気がつけばもう年の瀬。
コラムに怠け癖がついてしまいました。
 
若い頃は溢れるエネルギーにむしろ行動を抑えるという感じでしたが、悲しいかな、今では行動を起こすのにエネルギーが足りないと感じます。
年配の方が「よっこいしょ」と自分に掛け声をかける気持ちがよくわかります。
それでもまだ「よっこいしょ」の手前、「よっ」で動いてます。
 
このコラムも年度当初には毎週更新することを心に決めていたのですが、この始末です。
「よっ!」と一声かけて前進、前進!
 
 
 
成就寺婦人会清掃ボランティア
2017-12-02
今年も成就寺婦人会より21名もの方が清掃のボランティアに来てくださいました。
先日の家族会奉仕作業でできなかった場所を掃除していただき、施設が益々きれいになりました。
奇数月の定期での洗濯物たたみボランティアに数名づつ来て下さっていますが、毎年12月には一斉に集って掃除に来て下さいます。皆さんの手際の良さとお気持ちに頭の下がる思いでいっぱいです。
本当にいつもありがとうございます。
 
 
かわいいお客様
2017-11-24
ご夫婦で入所されているご利用者様の曾孫さん兄妹が、七五三詣の前におじいちゃんおばあちゃんにお披露目しに来てくれました。
男の子は凛々しい羽織袴姿、女の子は可愛らしい着物姿で、ちょっと得意気にも見えて微笑ましい限りです。
ご夫婦揃ったところで慌ててカメラのシャッターを押した一枚です。
 
かわいいお客様に職員も集まり、食堂が華やいだ空気に包まれました。
曾孫さんの晴れ姿に目を細めたご夫妻のお顔はやさしさそのものです。
 
とてもいい時間を過ごさせてもらいました。
 
 
 
 
 
 
 
 
<<社会福祉法人愛隣会>> 〒709-3111 岡山県岡山市北区建部町福渡1005-1 TEL:086-722-2511 FAX:086-722-2512