特別養護老人ホーム旭水荘│岡山県岡山市│愛隣会│ショートステイ│

  • 隣人愛の精神のもと、ご利用者さまと共に豊かな人生を歩んでまいります。
 

燃やせ!向学心 

 
フォーム
 
接遇研修 2016.4.22(金)
2016-09-21
今年度の接遇研修を開催しました。
 
◯内容『接遇研修 メンタルヘルス~心にゆとりをもって働くために』
◯講師:操山労務管理事務所 中谷優子氏
 
「健康に働くためにはセルフケア(自分で守る心の健康)が必要である。」とのことから以下のお話をしていただきました。
 
・ストレスに気づくこと
・ストレスの原因を知ること
・自分で気づく3つの”い”(眠れない・食べられない・起きられない)
・ストレスに負けない生活習慣を作ること
・ストレスをためない考え方をすること
・呼吸法
・タッピングタッチ
 
セルフケアで心の健康を保ち、より良い接遇に取り組んでまいります。
 
 
全体研修2016.2.19(金)
2016-09-21
年度、最後の全体研修を行いました。
 
①褥瘡予防対策委員会
-床ずれのラップ療法-
②個人情保護推進委員会
・個人情報の取扱について
③荘外研修報告
1.介護力向上委員会
2.岡山県認知症介護実践研修(実践者研修)
④看取りについて
-偲び-
 
 褥瘡については、福渡病院の黒瀬先生をお招きしご講義をいただきました。
先生の推奨されるラップ療法を旭水荘は取り入れています。褥瘡とは何かということから、対処法、背抜きという予防方法もご紹介いただきました。職員一人ひとりにとって、良い機会となりました。
 
岡山県老人福祉施設職員研究発表会 2016.2.17(水)
2016-09-21

岡山コンベンションセンターで岡山県老人福祉施設職員研究発表会が開催されました。

旭水荘からは、竹川相談員が参加しました。

 

◆演題『申込待機者・入所者の実態から見えたもの』~今後の特別養護老人ホーム旭水荘の在り方~

お申し込みいただいた方の待機期間が4年の間にぐっと短くなり、1年未満で入所される方が増えてきたことから、ここ数年の建部地域の変化、そして旭水荘が選ばれる施設になる為に取り組んでいることを発表しました。
 
助言者の先生からは、このような状況が起こるのは、厚労省の考えが変わったことも影響している。少子高齢社会だから特養でも選ばれる施設となるように考えていることが大事。地域の介護ニーズを把握し、発信していくこと。また報酬に関係なく地域に貢献する社会福祉法人の役割・専門性を地域にシェアする。住民に”見える化”すると良いとの講評をいただきました。
 
 
 
全体研修 2015.11.20(金)
2015-11-20
3ヶ月に一度、荘外研修報告や荘内の取り組みの情報共有の場として全体研修をおこなっています。
<テーマ>
①認知症ケア委員会より研修報告
②感染対策委員会よりインフルエンザ、ノロウィルス予防と対策について
③研修委員より人権・職場での言葉づかいについて
④介護力向上研修報告
⑤岡山県福祉職員生涯研修指導コース報告
⑥誤嚥について訓練と確認
 
実際に活かせる内容が多く、明日からでも取り組もうと皆真剣に耳を傾けていました。
5
<<社会福祉法人愛隣会>> 〒709-3111 岡山県岡山市北区建部町福渡1005-1 TEL:086-722-2511 FAX:086-722-2512