特別養護老人ホーム旭水荘│岡山県岡山市│愛隣会│ショートステイ│

  • 隣人愛の精神のもと、ご利用者さまと共に豊かな人生を歩んでまいります。
 

行事・催し・外出~アルバム~

 
フォーム
 
とんど焼き
2021-01-08
今年は、新型コロナウイルス感染防止対策として、残念ながら地域の方をお招きせずとんど焼きを行いました。
1/11~14の間にお飾りだけお預かりして、職員が代わりに焼かせていただきました。
 
地域の方からお預かりしたお飾りは、なんとダンボール約5箱分。沢山のお飾りをお預かりし、今年1年無病息災、健康祈願、コロナ終息等を願い焼かせていただきました。
 
ご利用者様も2階の屋上に出てとんどの煙に当たり、「今年一年、健康にすごせますように」と祈願しました。
 
集まったお飾りの多さに、旭水荘でとんど焼きを開催する大切さを改めて感じた次第です。
来年は、地域の皆様とにぎやかに開催できますことを願うばかりです。
 
 
 
 

 

 
令和3年忘年会
2020-12-11

本日は、旭水荘新年会として特別なお食事を提供させていただきました。

 

新年会メニュー

・海鮮丼

・紅白なます

・麩とゆり根のお吸い物

・水仙の練りきり

 

栄養士が、ご利用者の皆さんが大好きなお刺身で新年のお祝いを感じていただけるメニューを考えました。

ご利用者様から、「きれいで華やか」「今年の初めにこんなごちそうが出るのはうれしい」と感想をいただきました。

 

新年早々の17日に1都3県に緊急事態宣言が出され危機感を感じずにはいられませんが、今年は、旭水荘開設40周年を迎える年でもあります。昨年から介護用のリフトを導入したり、技能実習生の受入れも決定したりと節目であり変化のある年になります。

 

混沌とした世のなかですが、希望を持ち、日々前進することで更なる発展の年になるように、努めていきます。

 

 

 

 
餅つき
2020-12-18

例年なら、家族会の皆様とご利用者様と一緒に、わいわい賑やかに臼を囲んでお餅つきをするところですが、今年は新型コロナ感染防止のためこじんまりと職員だけで餅つき機でつきました。

 

1斗6升8合、7臼分を餅つき機2台がフル回転です。

次々と丸めて並べていると、いい匂いに誘われたご利用者様が覗きに来て、「きれいな餅ができゅうるなあ」「食べたいなあ」と声をかけてくれました。中には「昔は親戚中集まって餅をつきょうたなあ。あの頃がよかった」と昔を思い出し、涙ぐまれる方もいました。

並べた丸餅が冷めたら、食べやすいように4つに切って冷凍保存したらお正月の準備完了です。

 

来年創立40周年を迎える旭水荘では、お正月三が日のお昼ごはんはお餅と決まっていて、創立以来伝統的に守り続けています。特別養護老人ホームでは珍しいことのようです。

コロナ禍で一番の楽しみはやはり食事です。

三が日は、鰤のお雑煮・ぜんざい・鮭のお雑煮とお餅三昧で過ごしていただく予定です。

 

お餅を頬張るみなさんの笑顔が目に浮かぶようです。

 

 

 
令和2年忘年会
2020-12-11

忘年会 お食事メニュー

・巻き寿司

・いなり寿司

・サーモンと海老の握り

・カニ酢

・茶碗蒸し

・デザート

 

今年の忘年会は、今年度の他の行事と同様に、新型コロナウイルス対策のため、対面式ではなく横並びの配席で召し上がっていただきました。

 

ご利用者様からは、「おいしい」「食事を見るのも楽しみ」と嬉しいと言葉もありましたが、今年1年を振り返っていただくと、自由に面会が出来なかったり、外出ができなかったりする悲しさが一番に聞こえてきました。

 

まだまだ、油断のできない状況は続きそうですが、その悲しさを埋められるように、豪華な食事やコロナ禍でも楽しんでいただける行事を考えて取り組んでいこうと思います。

 

何より、一日も早く当たり前の日常が戻ることを祈っています。

 

 

 
旭水荘文化祭
2020-11-20
毎年、建部町文化センターで町内のクラブ活動や福祉施設が集い、1年間の創作活動やステージ発表の場が設けられていましたが、今年は新型コロナウイルスの影響で残念ながら中止となりました。
建部町文化祭は中止となりましたが、旭水荘のご利用者様が日頃取り組んでいる書道や塗り絵などの発表の場を設けたいという職員からの声があり、11月18日、19日に地域交流スペースを開放して旭水荘文化祭を開催しました。
 
2日間で40名近いご利用者様が見学され、「なんか違うところに来たみたい」「きれいな作品ができてるなぁ」と普段とは違う雰囲気を味わっていただけた様子です。
また、旭水荘文化祭には、利用者様の作品だけでなく、野菜やパズル、手芸等の職員の作品も展示しました。出品した職員とご利用者様が作品を通じて話す姿も見られ、職員とご利用者様の新しい関りが持てる場にもなりました。
 
 
 
旭水荘文化祭(写真)
2020-11-20
 
 
 
 
運動会
2020-10-21
「コロナ禍で例年通りの運動会はできない」でも、「少しでもご利用者様が喜んでくださるようなことがしたい」では、「どのように開催したらよいのか」いろいろな感情が巡りましたが、レクリエーション委員会で話し合い、今年は個人戦にして、10月12日に2階フロアー、21日に1階フロアーで運動会を開催しました。

プログラムは、1.準備体操 2.新聞輪投げ 3.新聞玉入れ 4.パン食い競争 です。
ご利用者様同士が密にならないように注意し、輪投げの輪も玉入れの玉もご利用者様ごとに新しいものにするために、新聞紙を利用し使い捨てにしました。

例年であればチーム対抗で盛り上がるところ、個人戦で果たして楽しんでいただけるのか心配でしたが、ご利用者様からは、「面白かったよ」「パンがおいしかったわ」と感想をいただくことができました。
中には目に涙を浮かべるご利用者様もいらして、淡々と過ごす中に新型コロナの影響が潜んでいるのを感じました。
 
しかしこの日は、ご利用者様だけでなく職員の笑顔もはじけ、見ているだけでも久しぶりにストレス発散できた気がしました。
 
 
敬老の日
2020-09-21
令和2年度コロナ禍での敬老の日は、町内の魚屋さんの仕出し弁当でお祝いしました。
 
〈お弁当メニュー〉
・炊き込みご飯
・天ぷら(海老、さつまいも)
・刺身(さわら、マグロ、サーモン)
・煮物(魚卵の煮こごり、赤豆)
・お吸い物
・果物
・饅頭
 
 
お膳にお祝いのメッセージカードを添えて、ご利用者様方が歩んでこられた道のりへの敬意と感謝とお祝いの気持ちを欲張りにも全部込めさせていただきました。
「豪華じゃな」「これでまた長生きできるわ」と笑顔が見られ、自然と箸が進む様子でした。

旭水荘で100歳以上の方は、100歳と101歳ともに1名ずついらっしゃいます。
100歳のご利用者様に感想を聞かせていただくと、「地域での敬老会もあったけど、こんなに大勢で豪華な食事はできなかった。皆さんとお祝いができてうれしいです」としっかりした口調で答えてくださいました。
 
今年はお食事だけの静かな敬老の日となりましたが、来年はご家族の方々とまた一緒にお祝いできることを願うばかりです。
 
お楽しみ会~たこ焼き~
2020-08-27
新型コロナウイルスに加えてこの猛暑でどこにも行けず、行事も限られた中、やはり楽しみといえば「食べる」ことです。
今日は、「夏祭りで食べられなかったたこ焼きが食べたい」とのご利用者様の声に、厨房職員協力のもと、たこ焼きでお楽しみ会をしました。
 
たこ焼きには、ソースにマヨネーズそして鮮やかな緑の青のり。
「わぁきれい。おいしそう!」と、明るい声が聞こえてきます。
「珍しいな」と言いながら、さっそく頬張る御年100歳のご利用者様。この方は毎日日記を書かれています。
そっとのぞいてみると、「今日の午後のおやつはたこ焼き。おいしそう。食べてみるととってもおいしい~~~~~~~~」と書いてありました。
波線で伸ばすところが少女のようで、思わず「書き方が若いですね」と言うと、「若い言うて、100歳じゃがん」と大笑い。

面会や行事の制限によって、淡々と過ぎていく日々のストレスがご利用者のみなさんにも知らず知らずたまっているのではないかと心配です。このうつうつとした毎日を過ごす中で、少しでも笑顔になれることを考え、提供していけることができればと思っています。
ご利用者のみなさんの笑顔が、職員にとって一番の癒しです。
 
 
旭水荘盆踊り
2020-08-01
毎年8月の第1土曜日は、福渡地区町内会・子ども会、そして近隣の福祉関係施設職員の協力のもと、盛大に「福渡地区盆踊り大会」を開催していますが、今年は新型コロナウイルス感染防止の観点から6月末には各関係機関と相談し、中止を決定していました。
しかし、介護職員から「何かご利用者の方に楽しんでいただけることをしたい」という声が上がり、感染対策に注意しながら荘内で「旭水荘盆踊り」を開催することになりました。

盆踊り・出店・ゲームの各会場を分散して密集を避け、対面にならないよう工夫をしました。
各会場に提灯や紅白幕を飾り、メイン会場にはご利用者様がこの日のために作った一畳ほどあるちぎり絵と七夕飾りが掲げられ、雰囲気はばっちりです。
 
盆踊りが始まり曲が流れだすと、踊りの輪の中に入って踊る方、車椅子に座って曲に合わせて手を動かす方、それぞれに楽しまれました。
焼きそば・そうめん・アイス・たい焼きの出店では、「普段滅多に食べられないものばかりでおいしい」と食が進み、お代わりもたくさん出ました。
ゲーム会場では、みなさん気合が入り、輪投げやラダーゲッターで得点が入るたびに大きな拍手が起こりました。
各会場大変盛り上がり、ご利用者様だけでなく職員も楽しむことができました。
恒例の花火は2部構成にし、旭水荘特製のナイアガラの滝には「わぁきれいじゃなぁ」と歓声が上がりました。

小さい規模での開催となりましたが、ご利用者様と盆踊りの思い出などゆっくり話をすることもできてとてもよかったとのことで、職員も思いを形にでき、満足感を味わえたようです。
 
久しぶりの季節の行事に、ご利用者様の楽しそうな笑顔が荘内中に咲いたのは何よりもうれしいことでした。

 
<<社会福祉法人愛隣会>> 〒709-3111 岡山県岡山市北区建部町福渡1005-1 TEL:086-722-2511 FAX:086-722-2512