特別養護老人ホーム旭水荘│岡山県岡山市│愛隣会│ショートステイ│

  • 隣人愛の精神のもと、ご利用者さまと共に豊かな人生を歩んでまいります。
 

行事・催し・外出~アルバム~

 
フォーム
 
敬老会会食
2021-09-20
9月20日、敬老の日の今日、旭水荘とほのぼの荘デイサービスセンターともに町内の魚屋さんのお弁当でお祝いしました。
コロナ禍でインタビューもカラオケもなく、みなさん同じ方向に向いての食事ですが、今日は紅白幕と彩りのよいお弁当が特別感を演出します。
日頃なかなか提供できないお刺身から、海老・オクラ・サツマイモの天ぷら、巻き寿司といなり寿司、旬の梨、紅白の練り切りなどなど、目も喜ぶご馳走です。
咀嚼や嚥下が弱くなられた方には、厨房職員がソフト食でお弁当を作り、同じように楽しんでいただきました。
 
「ごちそうじゃわあ」「梨が大好き」「あの魚屋さんのお刺身はおいしいんよ」とご利用者様が大変喜ばれ、待ちきれずに一番に梨を召し上がる方もいらっしゃいました。
美味しいものの前では、みんな笑顔になるといつも強く思わされます。
 
施設長は、開会の挨拶で「みなさんが(ここ旭水荘・ほのぼの荘で)元気に過ごされているという知らせがご家族の励み」と話し、「今の社会を築き上げてこられた皆様に改めて感謝申し上げますとともに、健康とご多幸をお祈り申し上げます」と締めくくりました。
 
 
創立40周年
2021-06-25
旭水荘は、令和3年6月26日で40周年を迎えます。
この節目の年に、制服を一新し、一日早く創立記念をお祝いする今日、お披露目しました。
岡山県は新型コロナ感染症のリバウンド防止強化期間のため、残念ながらお食事のみと盛大な式典はできませんでしたが、会場を飾る紅白幕とともに、オレンジ・エメラルソグリーン・ピンク・ネイビーと色鮮やかな制服姿の職員が華やかさを添えました。
 
お祝いの仕出し弁当には普段のメニューにないローストビーフや湯葉の和え物などもあり、豪華版です。また、厨房職員の心遣いで愛隣会の新しいロゴマーク入りのメッセージカードも添えられ、目も喜ぶ祝い膳となりました。
軟らかいものしか食べられない方には、ソフト食のお弁当を厨房職員で用意し、負けず劣らず色鮮やかで豪華でした。
「こんなにたくさん食べられるかしら」「こんなお肉は初めてじゃ」と話しながら、みなさん笑顔で召し上がられました。
 
制服の評判も上々で、特にピンクの制服を着た職員からは、「まあ、綺麗な色じゃなあ。よう似合うわ」「ええ色じゃ」「その白いラインがまたええなあ」などと、ご利用者様何人にも声を掛けられたとのことでした。視力が衰えた方にも鮮やかなピンクはよく見えるようで、いろんな反応があったのはうれしい限りです。
 
時代は厳しくなっていくかもしれませんが、次の50周年を見据えて、職員一同、心も新たに着実に歩んでいきたいと思います。
 
お花見会食
2021-04-02
今日も晴天。早咲きの桜は散り始めています。
今年もご家族をお招きしての会食は感染対策防止のためできませんでしたが、厨房職員が腕によりをかけて特別なお花見のお食事をご用意させていただきました。春をたっぷり感じていただく食材ばかりです。
 
     メニュー
      桜と青菜のおにぎり
      天ぷら(海老、タラの芽、新玉ねぎ)
      ウドとわかめの酢味噌和え
      茶碗蒸し
      桜の花の練りきり
 
 
ご利用者様からは、「タラの芽は家の近くに取りに行ってたのよ。私たちも天ぷらにしてお弁当に入れてお花見に行っていたわ」と笑顔が見え、昔話を聞かせていただくことができました。
食事だけでなく、少しでもお花見の雰囲気を味わっていただこうと各食堂の飾りつけも工夫させていただきました。
時折吹く春の強い風に乗って、桜の花びらが国道を超えて旭水荘の駐車場までたくさん飛んできます。
窓から桜吹雪が見える場面もあり、自然も味方につけていつもとは違ったお食事を召し上がっていただくことができました。
 
来年こそは…と一刻も早いコロナ終息を願うばかりです。
 
 
 
桜散策
2021-04-01
旭川河川敷の桜が見頃を迎えた3月29日から4月3日の間、ご利用者の方々と一緒に桜散策に行きました。
ちょうど満開の時期を迎え、枝いっぱいに桜が咲き誇り、枝が大きくしなるほどでした。さすが、桜の名所建部町です。
お天気に恵まれ、入所者のほとんどの方が桜散策に参加できました。

昨年は桜散策ができなかったので、約2年ぶりになります。
ご利用者様は「やっぱり桜はええなぁ」「きれいなぁ」と、桜を見上げる表情も笑顔でいっぱいでした。
つい最近病院から入所されたご利用者様と一緒に桜を見ていると「施設に入ってこんなことをしてもらえるとは思わなかった。ここに来れてよかった」とありがたいお言葉をいただきました。
改めて高齢者施設だからこそご利用者様に楽しみを感じていただける取り組みの大切さを感じました。
 
まだまだ感染対策に予断を許しませんが、今後もご利用者の方々に楽しみを感じていただける取り組みを考えていきたいと思います。
 
 
令和3年度辞令交付式
2021-04-01
令和3年度となり、旭水荘では新卒採用者を2名迎え、また、岡山市社会福祉協議会から隣接するほのぼの荘の3事業を継承することになって29名の職員が加わり、華々しいスタートとなりました。
辞令交付式には新卒採用者、各事業所責任者、また昇格者が出席し、辞令が交付されました。
 
新卒の2人は、緊張した面持ちで最前列に座っている様子が初々しく微笑ましいばかりです。
3事業のほのぼの荘デイサービスセンター、ほのぼの荘居宅介護支援事業所、ほのぼの荘ヘルパーステーションそれぞれの管理者もきっと期待と不安を胸に辞令と新しい名刺を受け取ったことと思います。
 
「新人職員が、この旭水荘に来たことを後悔しないように温かく指導し、よりよい職場にしましょう。40周年を迎えるこの期に、愛隣会は、事業が増えて社会福祉法人として大きくなりました。大変喜ばしいことです。みんなで連携・協力して『福祉のことならやっぱり愛隣会』と言っていただけるよう一緒にがんばっていきましょう」と、施設長の挨拶がありました。
また挨拶の中で、40周年を記念して、また社会福祉法人愛隣会を知っていただくために新しく作った法人のロゴマークが披露されました。建部町のシンボルである桜と旭川を愛隣会の輪が包むイメージのデザインです。まさに、まるで法人自体が生まれ変わったような気持ちになりました。
 
この地域で頼りになる社会福祉法人となれるよう、これからもより一層励んで参ります!
 
 
とんど焼き
2021-01-08
今年は、新型コロナウイルス感染防止対策として、残念ながら地域の方をお招きせずとんど焼きを行いました。
1/11~14の間にお飾りだけお預かりして、職員が代わりに焼かせていただきました。
 
地域の方からお預かりしたお飾りは、なんとダンボール約5箱分。沢山のお飾りをお預かりし、今年1年無病息災、健康祈願、コロナ終息等を願い焼かせていただきました。
 
ご利用者様も2階の屋上に出てとんどの煙に当たり、「今年一年、健康に過ごせますように」と祈願しました。
 
集まったお飾りの多さに、旭水荘でとんど焼きを開催する大切さを改めて感じた次第です。
来年は、地域の皆様とにぎやかに開催できますことを願うばかりです。
 
 
 
 

 

 
令和3年忘年会
2020-12-11

本日は、旭水荘新年会として特別なお食事を提供させていただきました。

 

新年会メニュー

・海鮮丼

・紅白なます

・麩とゆり根のお吸い物

・水仙の練りきり

 

栄養士が、ご利用者の皆さんが大好きなお刺身で新年のお祝いを感じていただけるメニューを考えました。

ご利用者様から、「きれいで華やか」「今年の初めにこんなごちそうが出るのはうれしい」と感想をいただきました。

 

新年早々の17日に1都3県に緊急事態宣言が出され危機感を感じずにはいられませんが、今年は、旭水荘開設40周年を迎える年でもあります。昨年から介護用のリフトを導入したり、技能実習生の受入れも決定したりと節目であり変化のある年になります。

 

混沌とした世のなかですが、希望を持ち、日々前進することで更なる発展の年になるように、努めていきます。

 

 

 

 
餅つき
2020-12-18

例年なら、家族会の皆様とご利用者様と一緒に、わいわい賑やかに臼を囲んでお餅つきをするところですが、今年は新型コロナ感染防止のためこじんまりと職員だけで餅つき機でつきました。

 

1斗6升8合、7臼分を餅つき機2台がフル回転です。

次々と丸めて並べていると、いい匂いに誘われたご利用者様が覗きに来て、「きれいな餅ができゅうるなあ」「食べたいなあ」と声をかけてくれました。中には「昔は親戚中集まって餅をつきょうたなあ。あの頃がよかった」と昔を思い出し、涙ぐまれる方もいました。

並べた丸餅が冷めたら、食べやすいように4つに切って冷凍保存したらお正月の準備完了です。

 

来年創立40周年を迎える旭水荘では、お正月三が日のお昼ごはんはお餅と決まっていて、創立以来伝統的に守り続けています。特別養護老人ホームでは珍しいことのようです。

コロナ禍で一番の楽しみはやはり食事です。

三が日は、鰤のお雑煮・ぜんざい・鮭のお雑煮とお餅三昧で過ごしていただく予定です。

 

お餅を頬張るみなさんの笑顔が目に浮かぶようです。

 

 

 
令和2年忘年会
2020-12-11

忘年会 お食事メニュー

・巻き寿司

・いなり寿司

・サーモンと海老の握り

・カニ酢

・茶碗蒸し

・デザート

 

今年の忘年会は、今年度の他の行事と同様に、新型コロナウイルス対策のため、対面式ではなく横並びの配席で召し上がっていただきました。

 

ご利用者様からは、「おいしい」「食事を見るのも楽しみ」と嬉しいと言葉もありましたが、今年1年を振り返っていただくと、自由に面会が出来なかったり、外出ができなかったりする悲しさが一番に聞こえてきました。

 

まだまだ、油断のできない状況は続きそうですが、その悲しさを埋められるように、豪華な食事やコロナ禍でも楽しんでいただける行事を考えて取り組んでいこうと思います。

 

何より、一日も早く当たり前の日常が戻ることを祈っています。

 

 

 
旭水荘文化祭
2020-11-20
毎年、建部町文化センターで町内のクラブ活動や福祉施設が集い、1年間の創作活動やステージ発表の場が設けられていましたが、今年は新型コロナウイルスの影響で残念ながら中止となりました。
建部町文化祭は中止となりましたが、旭水荘のご利用者様が日頃取り組んでいる書道や塗り絵などの発表の場を設けたいという職員からの声があり、11月18日、19日に地域交流スペースを開放して旭水荘文化祭を開催しました。
 
2日間で40名近いご利用者様が見学され、「なんか違うところに来たみたい」「きれいな作品ができてるなぁ」と普段とは違う雰囲気を味わっていただけた様子です。
また、旭水荘文化祭には、利用者様の作品だけでなく、野菜やパズル、手芸等の職員の作品も展示しました。出品した職員とご利用者様が作品を通じて話す姿も見られ、職員とご利用者様の新しい関りが持てる場にもなりました。
 
 
<<社会福祉法人愛隣会>> 〒709-3111 岡山県岡山市北区建部町福渡1005-1 TEL:086-722-2511 FAX:086-722-2512