特別養護老人ホーム旭水荘│岡山県岡山市│愛隣会│ショートステイ│

  • 隣人愛の精神のもと、ご利用者さまと共に豊かな人生を歩んでまいります。
 

行事・催し・外出~アルバム~

 
フォーム
 
敬老祝賀会
2019-09-16
敬老の日である9月16日に、ご利用者様とご家族の皆さまとともに、お祝い膳をいただきました。
今年は、58名ものご家族が参加され、大変にぎやかに過ごすことができました。
施設内5箇所に分かれ、それぞれに楽しい時間を過ごされました。
 
今年もお祝い膳は町内の森本鮮魚店さんにお願いしました。
森本鮮魚店さんと旭水荘の栄養士が打ち合わせをして、皆さまにお出ししたメニューは以下の通りです。
 
・お刺身(三種)
・天ぷら(四種)
・かぼちゃの煮つけ
・煮豆
・鯛の子
・炊き込みごはん
・ぶどう
・まんじゅう
・お吸い物
 
ご利用者様からは「刺身がよかった」「炊込みごはんがうれしいわ~」との声が寄せられました。
また、いつもより多く食べられた方が多かったようで、ご家族様もびっくりされるほどでした。
 
お孫さんやひ孫さんと一緒に食事ができ、ご利用者様も大変喜ばれ、大盛況の会となりました。
1時間という短い時間ではありましたが、おいしい食事と楽しい時間を過ごされ、この1年元気に過ごせるパワーをもらわれたのではないかと思います。私たち職員も、皆さまの笑顔に力をいただきました。
 
旭水荘では、今年100歳を迎えられる方が2名おられます。
今日のこの場をお借りして、内閣総理大臣からのお祝い状と記念品の銀杯を贈呈しました。
皆さんと一緒にお祝いすることができてとても和やかな贈呈式が行え、まさに慶び多き敬老祝賀会となりました。
 
 
8月外出記録
2019-09-06
8月の外出記録です。毎月恒例、地元のスーパーマーケットへの買い物です。久しぶりの買い物、お目当てのお菓子を手に思わず笑顔が溢れます。大好物のどら焼き、じっくりゆっくり味わって、舌鼓が聞こえてきそうです。恥ずかしいからと小さいかごを手にしましたが、ぎっしり詰まったその様、逆に目立っていませんか?それぞれに思い出の1時間30分でした。
◆外出先◆
8月28日(水) マルナカ建部店(買い物・喫茶)
8月30日(金) マルナカ建部店(買い物・喫茶)
 
 
 
旭水荘花火
2019-08-20
「今日は建物の中で花火をします」とご利用者の方々に伝えると、
「建物の中じゃったら、火事になるで」「どんな花火かな」「線香花火なら中でできるかな」
など口々に話をしながら楽しみにされているようでした。
2週間前から花火の種をご利用者様に作っていただいていましたが、ピンとこなかったようです。
 
赤・青・黄・緑・・・など色さまざまのお花紙を細く裂いたものを机の中央へ置き、一人ひとりうちわを持って準備完了。
「せーの」の声に合わせて一斉にうちわであおぎます。
「わー!」「きれいじゃなあ」「すごいアイデアじゃな」「よう見える」とご利用者様も職員も大喜び。
みんな笑顔!笑顔!笑顔!

旭水荘名物の花火が終わると夏が終わった気がします。
来年もお楽しみに。
 
 
かき氷
2019-08-11
立秋が過ぎたというのに、猛暑が続いています。
そこでミニレクリエーションでかき氷をしました。
看板は、ご利用者様がきれいに色を塗って準備してくださいました。
 
みなさんに何の味がいいか聞いてみると、9割以上の方がイチゴ味とのことでした。
さっそくイチゴミルクのかき氷をふるまうと、ちょっぴりご機嫌斜めだったご利用者様が、「わあ、何十年ぶりかなあ。おいしいわ。今日はいい日じゃ。」とすっかりご機嫌が直ってしまいました。
また、「冷たいからなあ。少しでええわ。」と尻込みしていたご利用者様が、「おいしかった。ぜ~んぶ食べた。またほしいな。」と言ってくださって、今年もまたかき氷をして本当によかったと思いました。
 
これで残暑にも負けず乗り切れそうです。
50杯近く作ってくれたボランティアのお姉さん、お疲れさまでした。
 
建部町花火大会
2019-08-11
昨年から「山の日」にと決まった建部町の花火大会が、8月11日(日)に開催されました。
この日ばかりは駐車場や2階の屋上が花火見物の特等席となります。
時折心地よい風が吹き、外にいても涼しく感じられ、花火の煙も程よく流れていきます。
今年は近くの旭川の中州で打ち上げられるため、より一層大きくくっきりと見えました。
 
ご利用者様は、ご家族や職員と一緒に団扇片手にお腹に響く音と夜空いっぱいに広がる大輪の花火を楽しみました。
「今年の花火はよかったなあ」「ありゃあ大分お金がかかっとるで」と話しながら夏の一夜の涼を取ることができました。
 
旭水荘では、寝たきりの方にも五感のいずれかで感じてもらいたいと、フルリクライニングの車椅子で外に出て一緒に見物していただいています。
目を閉じたままの方も、言葉にならない方も、脳裏の奥の方にでもお元気な頃に見た花火の思い出が蘇っていたらいいなと思いました。
 
 
 
7月外出記録
2019-08-10
7月の外出記録です。地元のスーパーマーケットへ買い物に出かけました。「お菓子は、口がさびしいから買うんじゃ。たくさんは要らないの。塩飴は、前にお世話になった先生が、便通に良いと言われたから毎晩いただきょんよ」と、出発前からリストアップ。ちゃんと買い物かごへ入っていました。納得のいくお買い物だったようです。
◆外出先◆
7月26日(金) マルナカ建部店(買い物・喫茶)
 
 
 
納涼盆踊り
2019-08-03

令和元年8月3日(土)福渡地区の方々との納涼盆踊りを開催しました。

35度を超える猛暑が続く中、2日前から櫓を組んだり、提灯を飾ったり、机や椅子を運んだりと男性陣が毎日汗を流して準備をしました。今年は雨の心配より暑さが心配で、夕方、開催時間の6時30分になっても駐車場のアスファルトは熱く、「納涼」とは名ばかり、暑い盆踊りとなりました。

 

今年の櫓は、配置を東側に変え、のぼりも新調し、令和にちなんで日本神話の古事記から日本の国生み「イザナギとイザナミ」のちぎり絵とだいだい・金・銀の七夕飾りで化粧しました。

ちぎり絵も七夕飾りも5月頃からご利用者様が毎日せっせと手作業に励んでくださった賜物です。

「なんの絵になるんかな」「金と銀の千羽鶴が綺麗じゃ」と、わいわいと口も手も動かしての楽しい作業でした。

 

たこ焼き、野菜カレー、かき氷、フランクフルト、から揚げ、焼きそば、綿菓子、くじ引き、ゲーム、ヨーヨー釣りなど協力団体の出店からいい匂いがしてきます。

オープニングは地元のはっぽね太鼓で威勢よく始まりました。

「炭坑節」「たけべよいとこ」「久米南音頭」と3曲、子どもたちとひと踊りすると、A→G(エージ)さんのジャグリングショーです。水晶玉やボールや箱を使ったジャグリングが楽しいお喋りで盛り上がります。子どもさんたちも目を輝かせて食い入るように見ていました。ご利用者様の中にはジャグリングを初めて見る方が多く、興奮気味に「よかったわあ」「おもしろかったなあ」と話してくださいました。

 

最後のひと踊りには浴衣姿のご利用者様と職員みんなが加わって、華やかな大きな踊りの輪ができました。

閉会を彩るのは名物の花火です。旭水荘の花火師がいくつもの打ち上げ花火に一度に火をつけていくと、子どもたちから声援が上がります。いよいよ最後は、ナイアガラの美しい火の滝が盆踊りの終わりを告げました。

 

「今年もええ盆踊りじゃった」と満足そうにお部屋に帰って行かれるご利用者様の笑顔にやっと暑さを忘れた気がしました。

暑い熱い夏の一日でした。

 

 

 
納涼盆踊り(写真1)

 

 
納涼盆踊り(写真2)

 

 
収穫祭
2019-07-30

ご利用者様と一緒に野菜を育てようと、この春、職員が線路の枕木の廃材で畑を作り、そこに数種類の夏野菜を植えました。

マリーゴールドが虫除けになると聞いて周囲に植えたり、当番制で水遣りをしたり、草取りをしたりと段々大きく実っていくのを楽しみにお世話していました。

 

気温36度の猛暑日でしたが、7月30日にささやかな収穫祭を行い、じゃがいも、ピーマン、茄子、ミニトマトが大きな籠にたくさん採れました。

数日続いている日照りとにわか雨で真っ赤なミニトマトは甘くなっていて、さっそく取れたてを口に頬張ったご利用者様は、「甘いなあ」と満面の笑み。炎天下、職員よりいきいきしているように見えました。

 

収穫した野菜は、おいしく調理してもらうために厨房へ。

「ラタトゥーユにでもしようかな・・・」と呟く厨房職員。

楽しみです。

<<社会福祉法人愛隣会>> 〒709-3111 岡山県岡山市北区建部町福渡1005-1 TEL:086-722-2511 FAX:086-722-2512