特別養護老人ホーム旭水荘│岡山県岡山市│愛隣会│ショートステイ│

  • 隣人愛の精神のもと、ご利用者さまと共に豊かな人生を歩んでまいります。
 

行事・催し・外出~アルバム~

 
フォーム
 
旭水荘盆踊り
2020-08-01
毎年8月の第1土曜日は、福渡地区町内会・子ども会、そして近隣の福祉関係施設職員の協力のもと、盛大に「福渡地区盆踊り大会」を開催していますが、今年は新型コロナウイルス感染防止の観点から6月末には各関係機関と相談し、中止を決定していました。
しかし、介護職員から「何かご利用者の方に楽しんでいただけることをしたい」という声が上がり、感染対策に注意しながら荘内で「旭水荘盆踊り」を開催することになりました。

盆踊り・出店・ゲームの各会場を分散して密集を避け、対面にならないよう工夫をしました。
各会場に提灯や紅白幕を飾り、メイン会場にはご利用者様がこの日のために作った一畳ほどあるちぎり絵と七夕飾りが掲げられ、雰囲気はばっちりです。
 
盆踊りが始まり曲が流れだすと、踊りの輪の中に入って踊る方、車椅子に座って曲に合わせて手を動かす方、それぞれに楽しまれました。
焼きそば・そうめん・アイス・たい焼きの出店では、「普段滅多に食べられないものばかりでおいしい」と食が進み、お代わりもたくさん出ました。
ゲーム会場では、みなさん気合が入り、輪投げやラダーゲッターで得点が入るたびに大きな拍手が起こりました。
各会場大変盛り上がり、ご利用者様だけでなく職員も楽しむことができました。
恒例の花火は2部構成にし、旭水荘特製のナイアガラの滝には「わぁきれいじゃなぁ」と歓声が上がりました。

小さい規模での開催となりましたが、ご利用者様と盆踊りの思い出などゆっくり話をすることもできてとてもよかったとのことで、職員も思いを形にでき、満足感を味わえたようです。
 
久しぶりの季節の行事に、ご利用者様の楽しそうな笑顔が荘内中に咲いたのは何よりもうれしいことでした。

 
 
創立39周年
2020-06-26
6月26日は、旭水荘の創立記念日です。お陰様で創立39周年を迎えることができました。
例年なら、一同集まって会食を行いますが、新型コロナウイルスの感染対策で、普段の食事の配席で召し上がっていただきました。
 
祝膳の内容は、ちらし寿司、天ぷら(穴子・南瓜・ししとう)、汁物、うどの酢の物、デザートでした。
厨房職員が、この日のために、鶴を折り込んだ箸袋とお祝いの立札を作ってお膳に華やかさを添えました。
ちらし寿司もめでたい扇形です。
ご利用者の皆さまから「お寿司がきれい」「おいしいわぁ」との声を聞き、いつもならお食事を残される方がきれいに召し上がられて、たくさんの笑顔を見せていただきました。
 
新型コロナウイルスによって安心・安全の提供が脅かされそうで、未だ不安と背中合わせではありますが、みなさんとともに次の40周年に向けてまた一歩一歩進んでいきたいと思います。
 
 
いちごを収穫
2020-05-25
4月に美化委員が畑に植えたいちごの苗が成長し、5月後半から徐々に収穫が始まりました。
10株のうち1株は残念なことに枯れてしまいましたが、9株はすくすくと育って、すでに10個ほど収穫しました。
 
廊下で出会ったご利用者様が、満面の笑みで「きれいな赤いいちごがおいしかったで。見てきてごらん」と教えてくださったので、慌ててカメラを持って出てみました。
今日もおいしそうに赤く色付いたいちごを5個収穫。
今にも口にぱくりと入りそう。
いい写真が撮れました。
 
新型コロナウイルス感染防止対策のため様々な行事が中止になり、彩りの足りない毎日が続いていますが、この日常の中でささやかながら季節の変化を感じていただけたらと思います。
 
畑にはこれから熟れていきそうな実がまだまだたくさんあります。
もうしばらく楽しめそうです。
 
 
 
初夏の散歩 第2弾
2020-05-12
今日もお天気がいいので、旭川河川敷へ散歩に行きました。
時折心地よい風が通り抜け、最高のお散歩日和でした。

道々、「昔は夫とよく温泉に行ったのよ」「風が気持ちいい」などと話しが弾みます。
中でも「今、コロナのテレビの報道で不安になったり、いろんな行事が無くなったりして、施設の中で下を向いて過ごすことが多くて気持ちが下を向きがちだったけど、今日みたいに空を見上げると、生き返ったように心も体も晴れ晴れとして元気になったわ」と、うれしそうに話してくださった言葉が、特に印象に残りました。

ご利用者様だけでなく、参加した職員も自然と笑顔溢れる散歩になり、リフレッシュできました。
 
初夏の散歩
2020-05-08
新型コロナウイルス感染防止のため旭水荘でも自粛が続いていますが、晴天の今日は、感染対策に考慮しながら旭川河川敷へ散歩に出かけました。

久しぶりに外の空気を感じられるご利用者様からは、自然と笑顔がこぼれます。
「外の風に当たるのは気持ちがええな」「山が新緑に満ちとる」「桜の時期を通り越して一気に初夏じゃな」と感想を言われ、中には歌を歌われるご利用者様もいらっしゃいました。

新型コロナウイルス対策は、まだまだ気が抜けません。
感染防止に努めながらも、ご利用者様の生活に楽しみを提供できる方法を今後も検討していきたいと思います。
 
今回の河川敷散歩では、以下の感染対策を実施しました。
・河川敷の人出が少ないことを確認
・安全性を考慮しながら、ご利用者様一人につき職員一人の1:1の対応
・密接を避ける為、間隔をあけた散策
・ご利用者様、職員ともにマスクの着用
・写真撮影時のみマスクを外して撮影
 
 
令和2年度辞令交付式
2020-04-01
新年度がスタートする4月1日の今日、辞令交付式を行いました。
 
介護施設での人手不足は切実な問題ではありますが、機能訓練指導員を1名、新卒での介護職員1名を迎えることができ、よいスタートとなりました。
背筋を伸ばして真っ直ぐに前を見つめ、両手で丁寧に辞令を受け取る姿は、先輩たちに入職当初の記憶を呼び起こし、初心に帰らせてくれます。短い時間ではありますが、凛とした空気が流れます。
 
髙田施設長より、「2025年、2040年問題を目前に、ますます介護職の人手不足が深刻になっていく様相ですが、ここ旭水荘で働きたいと思う人が続いていくように、この仕事に誇りとプライドをもってみんなでがんばっていきましょう」との挨拶がありました。
 
世界中が新型コロナウイルスの脅威に脅える今、私たちは大きな歴史的局面に一緒に立ち会い、戦っていると言えます。
そんな中での辞令交付を、よき思い出として懐かしく思い出せる日がきますようにと、併せて祈らずにはいられません。
 
外は雨。きっとしっかりと降り込み、地を固め、根がはることでしょう。
 
岡山御津高校キャリアセミナー
2020-02-05
2月5日、岡山御津高校キャリアセミナーに参加させていただきました。

このキャリアセミナーは、キャリア教育の一環として1年生や就職希望の2年生を対象に、多様な業種の話を聞くことで職業観を育むとともに、職業・企業理解を深める活動として今年度初めて実施されたそうです。
全33社のうち福祉関係は2法人でした。当法人がお声掛けいただくことができてうれしい限りです。

参加企業は、建築、IT、流通、飲食業、派遣業、アパレルなど様々です。
広い体育館にいろんな企業のブースが並ぶ中、正直「うちのブースに座ってくれるのだろうか…」という不安が真っ先に浮かびました。出足は少々悪かったものの、ブースには学生のみなさんが入れ代わり立ち代り座り、真剣に話を聞いてくれました。

このように早い段階で様々な職業に触れることは、どのような大学に進学して勉強したらよいのか、学生のうちにどのような経験が必要なのかなど、自分の将来についてより具体的に考える機会となります。
そこに介護業界を代表して参加させていただいて、やはり福祉の分野は他の一般企業と比べて興味が低いのかなと思わされました。
福祉の仕事に興味を持ってもらえるよう、くじけず老人福祉の仕事の魅力をしっかりPRしていきたいと思います。
また来年度も参加させていただきたいものです。
 
 
節分祭
2020-02-03
立春の前日が節分ということで、今年は2月3日の今日、旭水荘でも節分祭を開催しました。

ステージの上にははっぴ姿で今年の年男年女のご利用者様と職員が並びます。
まずは年男年女を一人ずつ紹介し、ご利用者様にはお名前と生年月日を言っていただきました。
大正13年生まれ96歳の方が6名もいらっしゃって、みなさんマイクに向ってはっきりと自己紹介をしてくださいました。
 
最初に職員の年男と年女が代表して外に向って威勢よく豆をまきます。
そして職員が扮した鬼がやってくると、「鬼は外」と玉入れのボールを当てて撃退。鬼もみなさんの気迫に負けて逃げていきました。
鬼がいなくなると、「福は内」と会場に集まったご利用者の方々へ豆やお菓子がまかれました。
みなさん懸命にお菓子に手を伸ばし、たくさん膝に置いてうれしそうでした。懐に大事に入れる方もいました。
 
最後に『春よ来い』をみんなで歌って節分祭を締めくくりました。
今年もみなさんに「福」がありますように!
 
 
新年会
2020-01-17
1月17日、令和最初の新年会を開催しました。
会食のメニューは、栗入り赤飯、刺身3種盛、かぶらの酢の物、澄まし汁、干支大福です。
 
「かんぱーい」とご利用者様の明るい音頭で会食が始まると、「さしみが好きなんよ。うれしいわ」、「おいしいわー」とうれしい言葉をいただきながら、ふだんご利用者様とお話しをする機会の少ない職員も一緒に談笑しながら食事を楽しみました。
 
今年の干支のねずみ年生まれのご利用者様と職員をはじめ、皆さんの今年の抱負を伺いました。
「元気でおりたいな」「自分でできることは自分でするようにしたい」など、前向きな抱負をたくさん聞いて、一年の始まりを感じるひとときでした。
 
「もしもしかめよ~」とアカペラを披露してくださったご利用者様と、「旭水荘の歌を歌うよ」と替え歌を2曲楽しそうに歌ってくださったご利用者様の歌声で和やかな雰囲気に包まれました。
 
新しい年がいい一年になりそうな楽しい新年会になりました。
 
 
 
とんど焼き
2020-01-15
小正月の1月15日、地域の方々ととんど焼きをしました。
福渡地区のみなさんがお飾りを手に手に集まってくださって、会場は例年以上ににぎわいました。
 
「今年もよろしくお願いします」「今日はいいお天気でよかったなあ」「久しぶりじゃなあ。元気にしとったん」と言葉を交わし、ご近所付き合いの話に花が咲く中、とんどの炎が高く上がります。
その炎で炙ったお餅が入ったぜんざいとコーヒーでみなさんに温まっていただきました。
 
不思議なことにとんどの間は風もなく晴天。
きっと今年も健やかでよい年になるでしょう。
 
 
 
<<社会福祉法人愛隣会>> 〒709-3111 岡山県岡山市北区建部町福渡1005-1 TEL:086-722-2511 FAX:086-722-2512