特別養護老人ホーム旭水荘│岡山県岡山市│愛隣会│ショートステイ│

  • 隣人愛の精神のもと、ご利用者さまと共に豊かな人生を歩んでまいります。
 

行事・催し・外出~アルバム~

 
フォーム
 
旭水荘こども科学実験教室(写真)
 
そうめん流し
 毎年恒例のそうめん流しを行ないました。
 竹の切り出しから始まり、改良に改良を重ねた装置を備え、いざそうめん流しのはじまりです。
 皆さん、旭水荘特製の汁を片手に流れてきたそうめんをすくいます。なかなかすくうことができず、笑いも起こります。
 いつもは食欲がない方も、今日は違います。何度も何度もすくって食べることができました。
 食べ終わっても、「また食べたい。」とねばる方もいらっしゃいました。
 非日常を体験する大切さを痛感させてくれる行事のひとつです。
 
 今年もボランティアの方にお手伝いいただき、無事に終了しました。
 また、来年も楽しいそうめん流しができますように。
 
 
晴香うららさん来荘
加古川を拠点に歌手活動をされている晴香うららさんが、昨年に引き続き旭水荘に来て下さいました。
艶やかな着物で登場され、流行歌を交えたメドレーでは、ステージから降りてご利用者様と一緒に歌い、
その後、ステージ上で「瞼の母」、トリにご自身の曲「淡雪ふたりづれ」を披露しました。
参加されたご利用者様も本物の歌手のステージにすっかり魅了され、「こんな歌が聴けるとは思いもしなかった。
ありがとう。」と感動していました。
是非、来年もすばらしい歌を届けに旭水荘に来て下さることを願っています。
 
追記:晴香うららさんテレビ出演情報
    演歌百選 サンテレビ  8月6日(日)12:30~
 
 
旭水荘公開講座~介護のき・ほ・ん~
平成29年6月28日(水)旭水荘公開講座「介護のき・ほ・ん」を開催しました。

介護職員2名により「寝返り、起き上がり、立ち上がりの介助」と「おむつ交換」について、原則やポイントなど説明と実技を二部構成で行い、最後に機能訓練指導員が腰痛予防の「これだけ体操」を紹介しました。
 

募集期間の最初はなかなか申し込みが無く心配しましたが、雨天にもかかわらず23名にお越しいただきました。
寝返りの介助のコツや立ち上がりの際に欠かせない姿勢を体験していただいたり、おむつ交換のポイントをマネキンで実践するのを見ていただいたり、腰痛予防の体操を一緒にやってみていただいたり、みなさん和気あいあいととても熱心に参加してくださいました。
膝を立てて腕を組んだ姿勢なら簡単に寝返り介助ができること、足を引いて前屈みになれば椅子からの立ち上がりが楽なこと、保潔保湿にベビーオイルが有効なことなど、意外と知らない知識が新鮮だったようです。
 

旭水荘でプロの介護職員として活躍している若手職員の存在と、彼らの技術と知識を知ってもらいたいという思いもあって開催したのですが、確かな手ごたえを感じることができました。
講師を務めた職員にとって、この経験が自信に繋がり、またひとつステップアップできたのではないかと思います。
 

次回の公開講座に乞うご期待!
 
創立記念会食
旭水荘は今年の6月26日で創立36周年を迎えます。
36周年を記念して、6月24日、ご家族の方にお越しいただき、利用者様、職員と荘内の食堂など、1階、2階あわせて5カ所で会食を行ないました。
会食メニューは、利用者様が食べやすいように工夫していただいた仕出し弁当と厨房手づくりの温かい麸とえのき茸の汁です。
「一緒にごはんを食べるのは久しぶりだからうれしい」とご家族の方から声をかけていただきました。
職員と笑顔で乾杯してビールを飲まれる利用者様や、親子で食事を楽しまれる様子を見させていただき、
「創立記念か。めでたいな」と利用者様からお祝いの言葉もいただいて、なごやかな会食となりました。
たくさんの方のおかげで36周年を迎えることができました。
感謝の気持ちを忘れず、一年一年積み重ねていけるように職員一同がんばります。
 
5月20日外出支援(松田牧場編)
5月も下旬に入ってなんと気温が30度を超す異常気象です・・・
外出した20日も、岡山の最高気温は31度だったそうです。
少し早いですが、涼を求めて岡山市北区御津にあります松田牧場までジェラートを食べにご利用者3名、職員3名で出かけました。
松田牧場は山の上にあり、自然豊かで景色は最高です。風通しもとてもよく、風が続くと少し肌寒いくらいでした。さっそく、ジェラートを注文し景色を見ながら舌鼓を打ちました。
ご利用者Aさんは、透析治療を受けている方です。透析されている方は、普段食事・水分制限があり、自分が食べたいものや、飲みたいものは飲めれません…。そんな制限があるかなでも、生活の楽しみとして、こういった外出や、行事では好きなものを食べれる取り組みを旭水荘では行っています。Aさんは食べながら、「おいしい、最高じゃ。念願かなった。」と大変喜ばれていました。ジェラートを食べられた後、牧場にいる牛や、羊を見て帰路に着きました。
余談ですが、ご利用者Bさんは御年94歳の女性です。写真には取れませんでしたが、なんと、車のステップを少しのお手伝いで上がる事が出来ます。これも日頃、施設で歩行器を使いながら頑張って足腰を鍛えられている証拠ですね。ステップを簡単に上がられたのを見て職員一同とても驚きました。帰りの道中は、Cさんご家族が営まれている、薬局の前を通り、昔話しに花を咲かせながら旭水荘へ到着いたしました。今回も、とても良い外出になりました。
 
 
5月16日外出支援(イオン津山編)
津山のイオンへご利用者2名、職員2名でお出かけしました。
お二人とも計画した日から外出を心待ちにしておられました。目的は、買い物と、お食事。
買い物は思い思いの物をメモし、食事はお二人とも握り寿司を希望され、イオン津山に車を走らせました。イオンに着くと直ぐに、目的のお寿司屋さんに入り、握り寿司を注文。Aさんが「おいしいなー沢山あるけど食べられるじゃろうか」と心配されていましたが、残さず全部食べられました。Bさんは普段腎臓が悪く、食事制限があり、なかなか好きなものを食べれません。普段我慢をされている分、外出でのお食事を楽しみにされていて、大好物の握り寿司を「おいしい、おいしい」とあっという間に食べられました。お腹もよくなったところで、今度は、買い物に向かいました。
Aさんは、洋服へのこだわりが強く、「それは派手じゃな、地味なのがいい」とじっくり時間をかけ好みの服を選ばれました。Bさんは「紫色の薄いベストが欲しい」と言われ、何点かある服を見定めながらお気に入りの一着を購入。そのあと、財布や、本を購入されました。最後に、お菓子売り場でお菓子を購入され、お腹も、心もいっぱいになったところで旭水荘へ向けてまた車を走らせました。帰荘後、Aさんは満面の笑顔で「よかったです。また、連れて行ってな」と感想を言われ、Bさんは「また行きたいな。でもまだ欲しいものはたくさんある。お金は何ぼあっても足りんな」と、まだ買い足りない様子もうかがえました。お二人の喜ばれる姿を見て、職員が元気をいただいた外出支援でした。
 
5月16日外出支援(吉崎製麺所編)
福渡商店街にある、うどん屋にご利用者2名、職員2名で昼食を食べに出かけました。
天気もよく、旭水荘から近いので、散歩を兼ねて職員が車椅子を押しながらうどん屋まで行きました。
道中、ご利用者様が路地に植えられている花を見て、「きれいじゃな~、今日はええ天気じゃな~」と外出を満喫されておりました。
うどん屋に到着して、Aさんはどれにしようかずいぶん悩まれ、天ぷらうどんを注文。Bさんは事前に息子さんから好みを聞いていたので、ちらし寿司とかけうどんを注文しました。量が多くて食べられるか心配していたのですが、ぺろりと召し上がられました。お二人とも終始ご満悦で、Aさんからは、「おいしかったまた連れて行って」と言われ、Bさんからも笑顔で、「おいしかった」と言葉をいただきました。帰荘後、Bさんの息子さんが面会に来られ、付添った職員から外出中の様子をお伝えし、記念に撮った写真をお渡しする事が出来ました。
 
5月12日外出支援 (88歳のお誕生日編)
ご夫婦で入所されているご利用様の奥様ほうが、先日88歳のお誕生日を迎えられました。そのお祝いにと、ご長男夫婦、職員2名の付添いで外出しました。
まず、岡山空港が見渡せるレスパール藤ヶ鳴へお食事に行きました。車の中では、ご夫婦共に終始笑顔で、会話も弾みあっという間にレスパールへ到着。レスパール内にある、フィオーレというレストランでバイキング形式の食事をしました。空港の滑走路が目の前に見え景色も最高です。長男の方が、お食事をとりに行ってくれている間、ご夫婦は空港を眺められ、若いころ飛行機に乗った思い出話をされていました。お食事が目の前に届くとすぐに食事スタートです。
天ぷらや、ちらし寿司、ハンバーグとバイキングならではの組み合わせで、お好みのものを好みの量食べられました。お食事中、滑走路から3機の飛行機が岡山空港を飛び立ち、その都度箸を止めて飛行機を眺められておりました。
お食事の後は、入所前まで生活されていたご自宅まで行きました。ご長男夫婦からお母様に88歳のお祝いとしてケーキのプレゼントがあり、みんなでテーブルを囲みお祝いをしました。あっという間に召し上がられ、まだ物足りない様子でした。最後に、自宅前で家族水入らずで写真を撮り、素敵な笑顔が写真に残せました。
入居者ご夫婦からは、最高の笑顔を、長男ご夫婦からは「楽しかった、また出かけましょう」と感謝のお言葉を頂き、良い外出支援となりました。
 
第7回「旭水荘のお昼ごはん」
第7回目となる「旭水荘のお昼ごはん」は、昭和57年から35年間ボランティア活動に来てくださっているNTT・OB会22名の方々にお越しいただきました。旭水荘は昭和56年開設ですから、ほとんど一緒に歩んでいただいたと言える有難いボランティアグループです。
 
当時、市外局番は交換手に繋いでもらっており、旭水荘にほど近くNTT福渡局がありました。最初はNTT婦人部としてボランティアを始められ、平成4年の閉局にともないNTT・OB会と名称を変えて今日まで活動を続けられています。
なかなか全員が集まる機会がないそうで、この「旭水荘のお昼ごはん」で30年ぶりに顔を合わせる方もいらして、とても楽しそうで、しばらくお話に花が咲いたようでした。
 
地域交流スペースでこのような催しを開くことができて、喜んでいただけて、スタッフ一同パワーをいただくことができました。
                                                  ✿本日のメニュー✿
                                 ・鮭の味噌マヨネーズ焼き
                                 ・人参のグラッセ
                                 ・キャベツのマリネ
                                 ・小松菜のわさび和え
                                 ・新たまねぎのみそ汁
                                 ・胡瓜の奈良漬
                                 ・果物(びわ)
 
<<社会福祉法人愛隣会>> 〒709-3111 岡山県岡山市北区建部町福渡1005-1 TEL:086-722-2511 FAX:086-722-2512